無痛分娩からの赤子とのいろいろ

予定日超過での計画分娩・無痛分娩、その後の赤子とのあれこれ

子猫を迎えた話①

うちには猫がいる。

9歳。去勢済みオス。

f:id:withme24:20170620210918j:image

その名も暗刻。

あんこ、と読む。

あんこを迎えるまでは犬しか飼ったことなかったけど、当時の職場の前に捨てられていて私が引き取った。

成り行きでうちに来たので、特に猫が好き!というわけではないけど、やっぱり自分ちの猫はかわいい。

当時は実家住まいで、犬もいた。

ミニチュアピンシャーのはるか。

あんこが来た時点でもうシニアで、あんこがまだ若いうちに死んでしまった。

母の落ち込みは相当だったけど、あんこがいたから乗り切れたところもあって、あんこ様様であった。

 

わたしは結婚して家を出て、子供を産んで、あんこは9歳になった。

子供が2歳になる頃には子供と一緒に成長できる子猫が欲しいと、少し前からダンナに伝えていた。

最初はあまり乗り気ではなかったようだけど、お店に行って子猫を抱っこさせてもらってから、なんとなくいけそうな雰囲気で、実際にOKをもらえた。

 

時期的にもぽこぽこ生まれてる季節だったので、思い立ったが吉日と里親募集のサイトを色々と物色。

 

京都に住んでいるので、京都が譲渡可能な地域に入っている子猫を探したら、奈良に保護ボランティア団体があることがわかって、子猫を見に行くことになった。

 

現地には猫だけでなく犬、ニワトリ、うさぎ、インコなどたくさんの保護動物がいた。

何組か見に来てて、わたしたちが見ている時に長毛のハチワレちゃんのお家が決まった。

わたしたちもその子を見ていて、とてもかわいいねと話していたけど長毛のケアをする自信がなくて、かわいいけどうーーんという感じだった。

あとはあんこと似た柄や配色、もしくは真っ黒な子達。

その中に1匹いた三毛ちゃん。

せっかくだからあんことは違った配色の子がいいねと話していたのもあって、すぐにその子に決めた。

その時点で猫風邪をひいていて目やにが出ていたけど、どうせ引き取ったあとどんな子でも病院に連れて行くし、マイナス要素にはならなかった。

 

それが

f:id:withme24:20170620211914j:image

この子。

 

家に来てからのことを書いて行きます。

2歳になった赤子と関西国際空港に行った話

6/18が誕生日。

ケーキは買わなかったけど、焼肉屋さんデビューをしてきた。焼肉屋さんでうどんをちゅるちゅる食べる赤子。

 

誕生日プレゼントはストライダー。

最初はDbikeにしようかと言っていたけど、ブレーキは必要ない、軽い方がいいと結論が出て、ストライダーに。

ストライダーも普通の物しか知らなかったのでそのつもりしてたけど、自転車屋さんに行って聞くと普通のタイプ、スポーツタイプ、プロタイプとグレードがあるらしい。

プロは競技用のものなので一番軽い。

普通タイプ、スポーツタイプはボディが原色、プロはシルバー。そしてプロの限定カラーはシャンパンゴールド!

f:id:withme24:20170619191043j:image

かっこいいよねシャンパンゴールド。

ケータイのボディカラーみたいな名前だけど、軽さも考えてこれにした。

 

誕生日当日は関西国際空港へ。

ハワイフェアというのをやっていたのでそれを見に行ってきた。

f:id:withme24:20170619191445j:image

デルタ航空パイロット制服を着せてもらえた!

隣でめっちゃキメキメのCAのおねぇちゃんがいたけど、すまんな、我が子にしか興味はない。

 

WOWWOWレモネードが出店してたので懐かしのクラシックレモネードを購入。

一口飲んでおぇっとなった。

あの灼熱?の中ノースショアで飲んだ時は美味しく感じたけど、日本の生ぬるい天気では体が受け付けなかった。

しかしビンはかわいい。

 f:id:withme24:20170619192102j:image

これはハワイのやつ。

f:id:withme24:20170619192239j:image

これが日本で買ったやつ。小さいサイズにしたけど、そもそもハワイで買ったサイズは無かった気がする。細く感じたし、高さもここまでなかった。リニューアルしたのかな?

f:id:withme24:20170619193424j:image

アウラニの新しいぬいぐるみらしい。

足の指がすごいことになってるけどかわいい。

 

飛行機を見たり、展示されてた重機模型に興奮したり、なかなか楽しかった。

 

f:id:withme24:20170619192522j:image

夜は焼肉デビュー。

焼肉屋さんではまだ食べられるものが少ないので、お子様うどんをちゅるちゅる。

 

f:id:withme24:20170619192621j:image

2歳の手形。

このままだと寂しいので、何かをすこし足してから飾ろう。

今回は絵の具だったけど、やっぱりスタンプ台の方が淡くてきれいにできる。

去年は何をやらされてるかわからなくて泣いて嫌がってたけど、今年は手に塗るときこしょばいっとケタケタ笑っていた。

 

2歳おめでとう、ありがとう。

初めてのプラネタリウムに行った話

青少年科学センターで幼児向けのプラネタリウムを上映するイベントがあった。

歌ったり踊ったりするプログラムで、おしゃべり、途中退室してもいいよと書かれていたので行ってきた。

 

11時から上映開始と書かれていたので10時に現地に着くように出発。

到着すると長蛇の列だった。

わたしが着いた時点で11時の回は満席。

急きょ12時から2回目の上映をする事にしたけど、それも埋まりつつあるとのアナウンス。

 

見られないと確かに残念ではあるけど、他にも遊ぶ場所は館内にあるので、まぁそれならそれで、と並んだ。

 

入場510円。

プラネタリウムは別に510円必要なので、1020円。

残り6席になんとかすべりこめた。

 

ベビーカーのまま入っていいよと行ってもらえて、奥の方の座席は隣に余裕があるので、そこにベビーカーのまま居られた。

f:id:withme24:20170603214555j:image

 

上映は30分間。

職員さんたちが歌ったり踊ったりしてくれた。

途中ダレて泣きそうになってたけど、なんとか気を引いて最後まで退席せずに見られた。

内容はプラネタリウムと呼べるのかどうかって感じで、まさに幼児向け。

3歳4歳くらいの子たちは職員さんの問いかけに大きな声で答えたり、一緒に歌ったりしてた。

さすがに2歳目前の赤子はなんのことだかさっぱりで、始終ぽかーん。

広い天井に映し出されるいらすとやを駆使したパワポスライドに、わたしぽかーん。

 

初めてのプラネタリウムというタイトルに偽りはなかった。

2歳目前の赤子にはいい刺激になったのではなかろうか。

 

そのあと館内を散策。

f:id:withme24:20170603214939j:image

海コーナーがあって水族館みたいだった。

f:id:withme24:20170603215010j:image

 

とにかくボタンを押したがる赤子。

f:id:withme24:20170603215029j:image

カチカチ

f:id:withme24:20170603215242j:image

カチカチ

f:id:withme24:20170603215141j:image

そこにボタンがあるからさカチカチ。

 

f:id:withme24:20170603215227j:image

ぐるぐる

 

去年、琵琶湖博物館にいったとき同じ形のレバーをなかなか回せなかったけど、今日は余裕で回してた。成長しておるな。

f:id:withme24:20170603215414j:image

とにかくなんでも触りたい。

しかも子供が好きな石や化石がたくさん!

ひとつずつ触りながら進んで行く。

 

数年前にできたらしい、幼児向けのおもちゃがたくさんある部屋へ。

f:id:withme24:20170603215530j:image

常設展示よりこっちに興奮。そらそうだなー。

f:id:withme24:20170603215642j:image

大きなレゴがあった。

レゴは保育園でしか触ってなくて、まだうまく組み立てられない。

f:id:withme24:20170603215714j:image

上からぎゅーとしてと言うと、ぎゅーと言いながら乗せていた。

f:id:withme24:20170603215759j:image

キリンとゾウを言えるようになったからか、キリンのおもちゃをとても気に入っていた。

キリンはちぃ!

ゾウはド!

 

f:id:withme24:20170603215854j:image

ブリオは家にあるのでお手の物。

紐を引いて歩くとカタカタなる鳥のおもちゃを、トンネルに入れたくて試行錯誤してた。

スケール感違いすぎて街が破壊されていた。

 

大阪の自然博物館とくらべるととても狭いので、ひとつの施設に子供が集中してなかなか遊べない事があったり、周辺に何もないので食事は持参するしかなかったりで、通うにはなかなかハードルが高い施設だった。

わたしが高校の頃バイトしてたスーパーが同じ最寄駅だったけど、いろいろ変わっていて道を思い出せなかった。

そのスーパーはもうないけど。

 

次の初めてプラネタリウムは9月らしい。まだ赤子が小さいせいで次も絶対こようね!とは言えない反応だったけど、その頃にはまた違った反応をするかもしれないので、多分行くんだろうなぁ。

スタジオ撮影をしてきた話

保育園で配布されるフリー冊子に、五月人形の前で写真を撮りませんか?っていうのがあった。

ブライダルとか七五三とか、おしゃれな写真を撮ってくれそうなスタジオで、540円で着物を着て撮った写真3枚のデータをもらえますよと。

募集ページにあった写真がとても素敵だったので応募したらみごと当選!

 前日に赤子の襟足をバリカンで整え意気揚々と参加!

  

f:id:withme24:20170426214415j:image

やだおしゃれ!!

が、スタジオの前に着いたけど案内がない。

あれ?日にち合ってるよね?とキョロキョロすると、銀色の看板?に紙が貼ってあって矢印。

この矢印は奥の階段を指しているのか、それとも右手奥にあるブライダルの入り口を指しているのか。

誰もいなかったしベビーカーだったので、とりあえず入りやすいブライダルの自動ドアを入ると、受付カウンターに案内が。

フリー冊子当選の方は奥のエレベーターで2階へお越しください。と。

外に貼っておいてほしかったな。こんなおしゃれな場所こないもんだからドキドキしてしまったよ。

 

2階に行くと明るい店内にお姉さんたちがたくさん!受付をして早速着替え。

7着くらいのなかから衣装を選んで、お着替えルームへ。

お着替えルームではワンワンとゆうなちゃんのDVDが流れていて、知らない場所に不安そうだった赤子は釘付け。ワンワンさんすげぇっす。

 

着物はスモッグみたいになってて、前から両手を入れてうしろのマジックテープで止めるタイプ。1枚で羽織も袴も着てるように見える!

とてもかわいい衣装だった!他にも迷ったけど、七五三の写真は渋い色の着物を選んだので、今回は春らしいパステルカラーをチョイス。

着終わったらスタジオへ。

スタジオっていうか白い壁の部屋の隅にバック紙、そこにガラスケースに入ったかぶと、そしてライトがある感じだった。

かぶとの前に座って、お姉さんが気を引いてカメラマンがシャッターを切って行く。

途中で大きな鯉のぼりのぬいぐるみが出てきて、それも入れて赤子の気を引きつつ撮影。

10枚くらい撮ってはいおしまーい!頑張ったね!着替えたら写真3枚選んでいただきますのでこちらへー。

 

個室にはいってPC画面で写真3枚選ぶ。

撮ってもらった写真一覧を見て、おっとっとーとなった。

ぜんぶ微妙w

ここから3枚選ぶのかーーーーうーーーーーん!と迷ってるとお姉さんが、「これなんかどうですかー?鯉のぼりとお子さん一緒に写っててサイズ比較わかりやすくていいと思いますよ」

え?あ、いや、わたし鯉のぼりのぬいぐるみの写真撮ってもらいに来たわけじゃないので。。。しかもそれうしろのかぶと半分で切れてますやん。

まだマシかなーと思った3枚を選んだ。お姉さんが勧めてくれたのは選ばなかった。

 

何かご質問は?と言われたので、データは何でもらえますか?と聞いたら

「USBに入れて後日郵送です」

あ、聞き方悪かったなと思ったので

「RAWでもらえますか?」と聞き直したら

「USBです」

お?

おお?

えっと

「データの形式は何でもらえますか?」

「もうこのまま、なにもせずUSBに入れて郵送です」

 

あ、通じてないなとここでやっと気づいた。

「これ拡張子は何ですか?どの形式で保存されてますか?」と聞いて、確認して来ますと立ち上がるお姉さん。

外でカメラマンに聞く声が聞こえて来たけど、カメラマンが言う「JPEG」を知らないらしく、何度も聞き返してた。

結局カメラマンさんが来てくれてJPEGですと教えてくれたので、RAWは頂けませんか?と聞いたら、JPEGだけなんですーと教えてくれた。

わかりました。ありがとうございますと笑顔で答えながら、あれ?ここスタジオだよね?スタジオ勤務してる人がJPEGを知らない??

鯉のぼりのぬいぐるみが大きいことがよくわかる写真を勧めてくれたけど、新人さんなのかな?

撮ってもらった写真もうしろのかぶとが切れていたり、水平がとれてなかったりで、あ、これいいなと思える写真が1枚もなかった。

かぶとボケてたし。

赤子はかぶとのすぐ近くにいたのに、かぶとだけあんなにボケてる謎の絞り。

結構近くで撮ってたからかぶとも切れてるし、あとで水平を修正したらほとんど入らないんじゃないだろうか。

もっと引いて撮ってくれてたらあとからトリミングでなんとかなったかもしれないのに。

 かぶとのケース反射してるし。

そもそも募集ページに載ってた五月人形はとても立派だったけど、実際は小さいかぶと。

 

帰る頃にやっと場所に慣れて笑顔が出て来た赤子。

そらそうだよね。知らない場所に来て知らない大人に囲まれて、すぐそばにいるとは言え親から離れてフラッシュたかれたら、そら表情もこわばるわ。

今回の企画に当選した人がどんどん来ていて、1組ずつ時間も指定されてたから流れ作業でこなしていかないといけないのはわかるけど、もう少し子供が場所に慣れてから撮影してもらえた方がいい顔が撮れたんじゃないかなと思った。

 

いやもう本当に、540円で撮ってもらって文句言うのも厚かましい話だけど、これ正規の値段払ってもこんな感じなのかな?

1回安くで体験して顧客になってもらえればっていう企画なんじゃないのかな?

接客は人によるから仕方ないにしても、肝心の写真があの出来ではリピーターは少ないんじゃないだろうか。

あれなら貸衣装着せて、天井から模造紙ぶら下げて、皐月人形なり鯉のぼりなりを並べて家で自分で撮影した方がいい顔撮れたんじゃないかな。

子供が生まれてカメラを始めた人も少なくないだろうけど、そんな毎日子供と接してる親でも撮れないような写真を撮ってもらえると期待して行く場所だと思ってた、写真館。

撮影中も、え?いま撮らなかったの!?めっちゃいい瞬間だったのに!って感じる場面があって、わたしカメラ持参してるのでそれで撮っていいですかと言いたかった。。。

カメラマン個人の問題なのか、あのお店のカメラマン全員そうなのかはわからないので、もしかしたら他の参加者はとても素敵な写真を撮ってもらえてるのかもしれないけど、それはわたしにはわからない。

 

こんな機会でもないとなかなかスタジオで写真を撮ってもらうことはないので、いい経験だったかなとは思うけど、次に撮るときはこのお店は使わない事に決めた。

それが540円でわかったんだから、よっしゃラッキー!

 f:id:withme24:20170428141022j:image

f:id:withme24:20170428141027j:image

f:id:withme24:20170428141032j:image

 

このあと動物園に行ってテンジクネズミをさわさわした。

f:id:withme24:20170429080254j:image

 

 

※春の新人デビュー戦企画だと、業界にいる友人に教えてもらった。そうだとしてもこれでは顧客を逃すんじゃないかな?そんなものなのかな?

2017.4.20 初めてのおかあさんといっしょショー

1歳10ヶ月になった。

相変わらず話せる単語は少ない。

早い子と比べるから少なく感じるだけで、同じくらいの子もいるので、まぁこんなもんなんだろうけども。

 

まず、最近やっとワンワンを認識した。

本当の犬を見てわんわん!と指差して言ってはいたけど、いないいないばあのワンワンはずっと言えなかった。指さして、あ!あ!

1歳9ヶ月も終わろうかという頃に、本を指差してこれ誰?と聞くと、ワンワン!と答えたので、犬のわんわんといないいないばあのワンワンの存在が赤子の中でやっと整理両立できたのかもしれない。

 

毎日、図鑑の写真を指差して、ん!ん!と名前を言えごっこをしてて、こちらから〇〇はどれ?と聞いても、は?それよりこの名前言えよ。みたいな感じだったけど、1歳10ヶ月を迎えたあたりでバナナどれ?と聞くとバナナを指差すようになった。

食べるときは皮をむいて切ってるし、皮付きの状態でこれがバナナだよと教えた事もないので、この名前を言えごっこが効果を発揮したのかもしれない。

しかも今の所バナナだけ。

不思議。

 

 

そして少し前のことだけど

 

これに行ってきたよ!

f:id:withme24:20170420195533j:image

友人がチケットを取ってくれたので、ガラピコ推しの赤子はガラピコ風船と帽子を装備して、ドキドキしながら初参戦。

f:id:withme24:20170420200455j:image

初めての舞台、大きい音、チカチカ変わる照明に完全に呑まれた赤子。家でなら踊ってる歌でも、じっと見つめるのが精一杯。

 ガラピコぷ〜のみんなが出てきてもじぃーっと見つめていただけだったけど、次の日テレビでガラピコぷ〜を見ると、あ!あ!と指差して教えてくれた。

しゃべることはまだできないけど、あ!昨日見たね!って伝えようとしたんだと思う。

f:id:withme24:20170420200721j:image

だいすけお兄さんの卒業を控えていた事もあって、1曲ずつ泣いてたわたし。嗚咽を漏らして一緒に歌えなかった。

 

子供を産んでから、子供に向けられて全力で作られたコンテンツを全力で受け止める子供を見るとすぐ泣いてしまうようになった。

Eテレ然り、ディズニー然り。

水族館で子供達がエイせんせー!と叫ぶのを見るだけでも泣きそうになる。

 

そんな、本当に魂を全開にしてただ受け止めることができるのは今だけだよ!っていう無垢への感動?

自分でもよくわからないけどそういう限られた期間に、たくさんのものに触れて欲しいなぁ。

 

大きい音や暗くなったときに泣き出さないか心配してたけど、そんなこともなく赤子なりに楽しんでくれたみたいでよかった。

また行きたいなぁ。

2017.4.5 新年度と自転車と植物園

かなり間が空いてしまった。

動き回ったり、ひとり遊びじゃなくやりとり遊びをするようになってから、気がつくと1日が終わってしまって、なかなか更新できず。

 

4月になって赤子はパンダ組さんになった。

新しく入って来た子供達は絶叫の嵐。それに影響されてか既存園児もナイーブになってエンエン泣いてる。しかしうちの赤子は何も変わらずひとりで遠くのログハウスへ行ったり、ボールをなげたり、マイペース。

教室が変わって、先生も変わって、2組にわけるため園児達をシャッフルしたのでメンバーも変わって、どうなるかと思ってたけど杞憂だった。

 

いま赤子は11.8kg。

今まで抱っこ紐で抱っこして市バスで保育園へ通ってたけど、そろそろわたしの肩と腰が崩壊しそうだったので、国家予算で電気自転車を買ってもらった。

f:id:withme24:20170405212704j:image

ブリヂストンbikke mobEという自転車。

グリップ、サドル、タイヤを茶色に変えて、YEPPminiという赤子の座席をつけてもらった。

この赤子席、本当はホワイトを注文してたんだけど、やっぱり春になるとみんなこぞって子乗せ自転車を買うようでメーカー欠品。

仕方なくこの色に。

仕方なく。。。だったけど、実際使ってみると駐輪場ですぐにみつけられるし、仮面ライダースナイプの色なので大我推しとしては嬉しい。

f:id:withme24:20170405213057j:image

この高さまで赤子を持ち上げるのがしんどいので、早く後ろの座席に触れるようになってほしい。そっちは2歳過ぎてかららしいので、夏には楽になるかな?

赤子座席の前にはつかまるバーが付いていて、すぐ近くにある電気の電源を触ろうとするので、バーをぎゅ!っと持っててね!と言い続けてたら、ぎゅ!と声に出して握るようになった。

 走ってる時にぶんぶーん!ごー!とわたしが言ってると、赤子もぶーぶー!ごー!と言うように。

怖がって泣くかと思ってたらとても楽しそう。

そして快適すぎるのか少し遠出すると毎回寝る。かっくんかっくん船を漕いで、ハンドルでガン!とおでこを打ったりしてる。

f:id:withme24:20170405213639j:image

ヘルメットはもっと可愛いのを買うつもりだったけど、自転車屋さんに行ったらサイズオーバーでこの形しかなかった。。。かっこいいからいいけど!やっぱり頭大きいんだなぁ。

 

 

 

そして自転車で遠出できるようになったのでこれも

f:id:withme24:20170405213530j:image

折りたためるベビーカー!

f:id:withme24:20170405213542j:image

自転車のカゴに積めるのでめちゃくちゃ便利!

これを持って早速植物園へ。

 

f:id:withme24:20170405213852j:image

芝生広場でお弁当を食べて、冒険に出発。

そこ行く!?ってくらい狭い場所にもずんずん進んで行くので、追いかけるのが大変だった。

f:id:withme24:20170405213929j:image

植物園はとても広いので、走り回って疲れさせるには最適!

f:id:withme24:20170405214217j:image

品種によっては満開の桜もあって、結婚式の前撮り写真のためにたくさんのカップルがいた。このために中国から来たって言ってたカップルも何組か。

 f:id:withme24:20170405214316j:image

森。

f:id:withme24:20170405214337j:image

この切り株がお気に入りで、ここをテーブルにしてどんぐりやまつぼっくりを拾い集めてた。

しかし赤子の背中は池というか沼みたいになってて、こっちはヒヤヒヤ。

f:id:withme24:20170405214447j:image

チューリップ!全部同じ色なのすごいね。球根の時点で色がわかるの不思議。

このあたりはタネのタキイプロデュースぽかった。さすがタネのタキイ。

f:id:withme24:20170405214541j:image

桜?アーモンド?忘れてしまった。

 

 

 

 おまけ

f:id:withme24:20170405214610j:image

お風呂あがり、おやすみを嫌がって脱走する赤子。

f:id:withme24:20170405214713j:image

下が収納になっているために高さがあるベッドからも自力で降りて、ドアも開けられるようになってしまった。

baby Kumonに入会した話

2週間、お試しで借りた絵本やCDを使って見た。

絵本は寝かしつけの前に読んでいた。

車の絵を指差してブーブー!と言ったり、積み木の絵を指差したり、くまくんが使うお布団の柄を指差してとと!(さかな)と言ったり。

 

やりとりぶっくのノックを練習するページは、ページをめくった先の動物が気になるみたいでなかなかトントンしてくれず。

でもトントンが何かはわかったみたいで、くもんの教室のドアをトントンできた。

初めて行ったときはトントンというかドアを触って、その後走って別の場所に行ってしまったけど、2週間後に行ったときはしっかりトントンとできたし、ドアが開くまでドアの前で待てた。

 

CDは、プレイヤーがPCしかないのでそんなに頻繁に再生はしなかったけど、入ってる歌をバス停や家で歌ってきかせた。

この歌でいいんだ。この歌の2番こんな歌詞だったんだ。っていう、歌い聞かせのサポートをしてくれた感じ。

バス停でもバスの中でも手を繋いで歩いてるときも家にいるときも、歌って聞かせることに抵抗がなくなった。

最初は少しはずかしかった。。。

 

2週間ぶりに行ったくもんの教室。

先生に、2週間でとても成長してる!と言ってもらえた。

毎日接してるとあんまりわからないから言ってもらえると嬉しい。

申込書を書いてお月謝をわたして、次の教材を頂いた。

 

f:id:withme24:20170217110411j:image

カバンをもらった。

 

f:id:withme24:20170217110448j:image

お試しのCDよりたくさん歌が入ってる!

やりとりぶっくは

f:id:withme24:20170217110557j:image

f:id:withme24:20170217110632j:image

真似っこ遊びと、ゾウさんの1日。

 

f:id:withme24:20170217110755j:image

絵本はじーじとばーばが出てきた。

 

家でこの教材を使って、また1ヶ月後に教室へ行く。

 

子供達が教室で勉強するのは週に2回らしく、私たちが行くのはそれ以外の日や時間なので、先生とわたしと赤子3人だけ。

教室を走り回って、本棚から絵本を持ってきて、数字を学ぶマグネット教材を引っ張り出してきて、赤子も興味津々。

この教室でbaby Kumonをやってる子はみんなもっと赤ちゃんらしく、歩き回るのはうちの子だけらしい。

 

まだ1歳8ヶ月だけど、2歳の教材をもらって3歳になるまで続けて行く。

教室に通って勉強できるようになる日が楽しみ。