読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無痛分娩からの赤子とのいろいろ

予定日超過での計画分娩・無痛分娩、その後の赤子とのあれこれ

2015.6.17①無痛分娩

出産 無痛分娩

朝5時に陣痛促進剤の錠剤をのむ。

これから1時間おきに、様子を見ながら最高6錠飲むよと言われた。

 

ぜんぜん寝てないのでずっとうつらうつら。

 

そんなすぐにはこないと思うけど、陣痛きて痛かったらこのボタン押してね。麻酔でるから。

1時間に2回まで押せるよ。といわれたけど、当然まだ陣痛のじの字も感じてないので、はいはーい。みたいな感じで聞いてた。

 

 

6時に2錠目。

7時、8時と4錠飲んで内診するもぜんぜんすすまず。

 

朝10時頃、ここから促進剤が点滴になる。

 

下半身は昨日から麻酔が聞いてるので、特に何も感じることなくお昼過ぎ。

 

なんかお腹が痛いなー。でも生理痛くらいだしスルーできるかな。と思ってたら

 

 

例えるならば

 

 

 

室伏がブンブンしてる鉄球が腰にあたって、その衝撃で骨が四散するような痛み。

 

 

あ、これあかんやつやと思って麻酔ボタンぽち。

 

効くまで5分くらいかかって、その間呼吸もままならず。

 

でも多分これ、陣痛の入り口なんだよなーと浅くはやく呼吸してたら麻酔が効いてきて楽になった。

 

次から変に余裕かまさず早めに押そうと決意。

 

ここからはずっと促進剤を入れながら定期的に導尿、内診を繰り返し、ひたすら子宮口が開くの待ち。

 

室伏レベルの痛みはもう来なかったけど、これ生理痛だったら仕事休んでるな。くらいの痛さはちょこちょこ来る。

押しすぎない程度に麻酔ボタン押しながらうつらうつら。

 

 

 

広告を非表示にする