無痛分娩からの赤子とのいろいろ

予定日超過での計画分娩・無痛分娩、その後の赤子とのあれこれ

2015.6.16入院

2015.6.16  20時41w2dで入院

入院したその日は部屋で寝て、朝から準備するのかなと思ってたら、着いて即入院着に着替え。

 

全部脱いで、巨大なナプキンをつけた巨大なパンツをはいて、たくさんボタンがついた入院着に。

 

 

まず点滴をつける。

担当の看護師さん、なんだかわたわたしてて大丈夫かー?と思ってたら案の定最初に刺した左手を失敗。

右手にやり直してちゃんと刺さるも血まみれ、痛い。

 

これは全てが終わって取るまでずっと痛かった。

 

点滴で抗生剤を2種類いれる。

むかし抗生剤でアレルギーでたことがあったので、少量ずつ様子を見ながら。

 

左腕に血圧計。

2分おきに自動で動く。

 

アレルギー大丈夫そうなので背中に麻酔の管をいれる。

このために当直のドクターが来たけど、名乗ることもなく、当直なんでやります。みたいな感じで少し感じ悪かった。

 

それ以降の看護師さん、助産師さんはみんな最初に名前を教えてくれてよろしくお願いしますと挨拶してくれたのに。

 

ドクターが背骨や腰骨を触って場所を確認。腰骨を触られるときにこしょばがりなのですごく体に力が入った。笑いそうで。

 

背中に麻酔の注射。

これは歯医者さんで歯茎に注射するくらいの感覚。

その後刺した本命の針が一瞬だけど結構痛くてビクッとした。

 

何か冷たいものが入ってくる感覚と、右足太ももに痛みが出たので報告。

すぐにそれもなくなった。

ずっと同じ体勢でいると麻酔がかたよるから、ころころ寝返り打ってねと言われおしまい。

少しずつ麻酔が入って下半身の感覚がなくなっていく。

 

明日の朝5時から陣痛促進剤を飲むよと言われてその日はおしまい。

 

 

寝ないといけないんだけど、2分おきに血圧計が動くもんだからなかなか寝付けない。

途中から5分おきくらいになったけど、うつらうつらで朝の5時に。

 

 

広告を非表示にする